土地を安く買えて快適な暮らしを楽しめる!狭小住宅を選ぶメリットと活用方法

  • 2021年12月19日

道路に面した小さな土地は価格が安い

都心などで土地を安く購入できないか情報を調べていても、どの土地も価格が高いと感じた時にチェックしたいのが、道路に面している小さな土地です。大きな道路に面している土地は、誰も住宅を建築しないまま放置されていることが多く、価格が安いために狭小住宅を建築する土地として最適です。近くに自動車が走っているので騒音が気にならないか心配する人もいますが、窓や外壁の防音性を高めるだけで騒音がうるさく感じることもありません。

開放感を演出するために階段を配置

土地が狭いので住宅内が狭苦しく感じないか心配になり、狭小住宅の間取りの作り方で迷っているのなら、階段の配置にこだわることで開放感を高めてください。狭小住宅の屋根に天窓を取り付けて、天窓から射し込む光が1階まで届くように階段を配置すると開放感を演出できます。階段のステップをガラス張りにするのもおすすめで、天窓から入り込んだ自然光がスムーズに1階まで届きます。光を使った演出で狭小住宅にも開放感を出せます。

庭の代わりに屋上を活用する

狭小住宅は庭を作る余裕がないところが気に入らないという人は、屋上を庭の代わりとして活用してください。屋上に人工芝を敷くだけで庭のように美しい空間を作れて、子供やペットと一緒に屋上で楽しく遊べます。バーベキューを楽しむためのスペースとしても屋上は最適で、バーベキューの煙が室内に入り込みにくいところが利点です。屋上に水道管やガス管を通すのも簡単で、屋上の設計を工夫するだけで庭のある住宅と変わらない生活を楽しめます。

狭小住宅」というと、暮らしにくそうなイメージを抱きがち。しかし狭小であるからこそ、コンパクトに家事をこなす動線を設計したり、屋上を作ってガーデニングをする等、楽しめるポイントはたくさんあるのです。