注文住宅には収納が必要?収納を広くするメリットとデメリットは?


収納を広くするメリット

注文住宅を設計するときには収納を広くしようと考える人もいます。最大のメリットは余計な収納家具を追加せずに生活できることです。クローゼットやタンスなどを購入するのはコストがかかるだけでなく、部屋のどこに配置するかも悩みになります。注文住宅を建てる時点で家具を置くことが想定できていれば良いですが、収納が不足してきた数年後に追加するとなると置き場所に困りがちです。家具を設置した結果として部屋の見栄えが悪くなってしまうこともあります。収納を広くしておけば家具の追加が必要ないだけでなく、部屋に置かなくても良いものをすぐにしまえるのもメリットです。床下や階段下なども有効活用すると収納を広く取りやすいので工夫をしましょう。

収納を広くするデメリット

収納を広くするデメリットは部屋や廊下などに使える床面積が狭くなってしまうことです。ウォークインクローゼットのように広い面積が必要な収納を作ると、その分だけ寝室などを狭くせざるを得ません。寝室の面積を広くしておいて、後からクローゼットを買って配置しても良いと考えられるでしょう。家具を使って収納を増やすとやや余計な面積を取られることになりますが、不要なほどに大きなサイズの収納を作って部屋を狭くしてしまうリスクが減ります。設計段階で家具は追加しないというつもりで収納を広くすると後悔することもあるので注意しましょう。また、収納の構造によってはコストアップにもつながる点にも留意が必要です。

横浜の注文住宅を考える時、各種メーカーが展示している実際の建物を見たり、ウェブページで公開されているさまざまな建築実例を見たりすると、これから建てる家の外観や間取りの参考になります。