モデルハウスを見て決める?注文住宅の間取りの考え方


モデルハウスを見るとイメージしやすい

注文住宅の間取りを決めるときには、どのようなレイアウトが住みやすいのかをイメージするのが大変になりがちです。廊下の長さが3メートルと言われても、その距離を歩くのがどのくらい負担になるかをイメージするのが難しいでしょう。廊下の幅が何センチあればすれ違いが簡単なのかも想像するのは容易ではありません。部屋の広さとの兼ね合いも考えて、どのような間取りにすれば良いのかを平面図の上で考えるのはかなりのイメージ力が必要になります。しかし、多くの注文住宅業者ではモデルハウスを用意しています。モデルハウスを見てみると具体的なイメージを作りやすいので、間取りを考える段階になったらモデルハウスを見に行ってきましょう。

間取りを決めるためのモデルハウスの見方

間取りを決める目的でモデルハウスの見学をするときには、注文住宅業者と相談してから現地に向かうのが大切です。間取り図と実物を比較対照することが欠かせないからです。業者に間取り図を用意してもらい、モデルハウスを見ているときには必要事項を書き込んでいくようにしましょう。このモデルハウスの廊下では狭すぎる、廊下の長さが3メートルになっているけれど、もう少し長くても大丈夫などといったことがよくわかります。間取り図に書き込んでいくことで、設計する段階になったときに思い出すのが簡単になります。業者によっては複数のモデルハウスを用意しているので、できるだけたくさん見て回って間取り図と対照し、イメージを膨らませましょう。

福岡の注文住宅で家を建てるメリットは、間取りや素材、水回りの設備などを希望に合わせて細かく選択できる点です。