賃貸住宅の選び方にコツはある?注目するポイント3選


間取りが希望と合っているか

日常生活を行う上で必要なスペースは、人それぞれ好みが分かれるので希望の間取りと広さが十分にあると快適に過ごせます。賃料が安いからといって間取りが合わない部屋を借りてしまうと、残念ながらストレスが溜まりかねません。また、家族で住む場合にはプライベートスペースをどのようにして確保するのかといった点が課題となり、振り分け型かどうかといった違いも個人の好みが分かれるポイントです。同じ広さであっても、間取りにより個人が感じる快適性には違いが出てしまいます。

収納量が十分に用意されているか

部屋のサイズが同じであっても収納スペースが用意されていないと、住み始めてから部屋が狭いと感じてしまいます。なぜなら、収納スペースへ入れた荷物は扉を閉めると見えなくなって部屋を実質的に広く使えるようになるからです。また、複数の部屋がある間取りの場合には、収納スペースが無い部屋があるかどうかで収納総量に違いが生まれます。このため、居住人数に対して収納量が十分に足りているのか、事前にチェックしておきましょう。

管理費を含めた実質家賃が予算内にあるか

賃貸住宅を借りる際には、家賃のみをなるべく安くしたいと考えがちですが、実際には管理費や光熱費といった毎月必ずかかる費用まで視野に入れましょう。例えば、管理費が3,000円と10,000円では毎月7,000円の違いが生まれてしまい、家賃にして7,000円の違いはグレードの差が発生するほど大きなものです。管理費が高額になる理由に納得できるなら構いませんが、毎月払う実質家賃は管理費まで含めた総額で比較し、快適に過ごせる部屋を探しましょう。

室蘭の賃貸では、敷金礼金が無料という物件も増えているので、初期投資を大幅に抑えることが可能になります。