賃貸住宅は設備にこだわるべき?設備を条件にするときの注意点


設備を条件にして選ぶのは合理的

賃貸住宅を選ぶときには設備にこだわるのが合理的です。住宅設備は住み始めてから交換することができないので、不満があって我慢できなくなったら引っ越さなければなりません。新しい設備の導入もオーナーとの交渉が必要になり、入居時点で許可されている設備でなければほとんどが断られてしまいます。いらない設備があって使わなかったのに壊れてしまったという場合には、退居するときに弁償しなければならないのが一般的です。設備があるだけで光熱費がかかってしまうものもあります。そのため、設備の過不足がない賃貸住宅を選ぶことはとても重要です。設備にこだわりがある人だけでなく、誰もが意識して設備を条件に組み込んだ方が良いでしょう。

設備を条件にするときの注意点

賃貸住宅の設備を条件にするときには年式やメーカーなどに注意しましょう。同じ住宅設備があると表示されている物件でも、導入されている設備には違いがあります。例えば、エアコンが設備になっているときに、前の退居の直後に交換して最新の年式のエアコンが入っていることもあるでしょう。しかし、10年以上も前のエアコンがそのまま設置されている場合もあります。また、エアコンの場合には台数にも違いがあり、2LDKなのに1台しかないといったケースも稀ではありません。年式によってエアコンの効き具合や電気代には大きな違いが生じます。快適に過ごすためにはただ設備の有無を確認するだけでなく、どのような仕様の設備がどこに設置されているかを見ることが大切です。

札幌東区の賃貸は、小さな子どものいる家庭に人気です。幼稚園や保育園、小学校がたくさんあり、教育環境が充実しています。