安全で快適!オール電化の賃貸住宅を選ぶメリット


ガスが原因の事故を気にしなくて良い分だけ安全

賃貸住宅選びにおいて、オール電化の物件を選ぶ最大のメリットは、なんといっても「安全性」です。オール電化の賃貸物件では、給湯器や調理器具も含めて、部屋での生活で必要なエネルギーをすべて電気でまかないます。電気とガスを併用する一般の賃貸住宅では、取り扱いに注意しないとガス漏れや火災などの事故を引き起こすおそれがありますが、オール電化の物件ならガスの取り扱い方が原因による事故の心配をしなくても良い分、安全に住み続けられるでしょう。

災害での被害から短時間で復旧する可能性がある

一般的に、地震や台風などの災害により、電気・ガス・水道の供給がすべて止まった場合、一番早く復旧するのが電気で、その後水道、ガスの順番に復旧していくといわれています。一般の賃貸住宅でライフラインが全部停止した場合は、全てが復旧するまでに何週間も不便な生活を強いられる可能性がありますが、ガスを使用しないオール電化の賃貸住宅なら完全復旧を待つ時間も短くて済みます。一般の賃貸物件と比べて短い期間でライフラインが回復する可能性がある点も、オール電化の物件を選ぶメリットです。

光熱費の管理がしやすいのもメリット

オール電化の賃貸物件では室内で過ごす際に使用するエネルギーが電気のみなので、光熱費は電気代のみを考えれば良いことになります。光熱費の見直しをしたい場合は、契約する電気料金プランを見直すことだけで済みます。うまく工夫をすれば、一般の賃貸住宅より節約をすることも可能です。ガス代や灯油代を考える必要がなくなる分、光熱費の管理がしやすいのもオール電化の物件のメリットといえるでしょう。

千歳の賃貸を選ぶ際に、一般的に南向きの部屋は日当たりが良いと言われますが、周囲にある建物の状況などによって日当たりが悪い場合もあるので、事前の内見が大切です。