どのモデルハウスも魅力的!住宅展示場で注文住宅を比較する前に知っておきたいこと

  • 2021年11月28日

土地を所有していない段階でも大丈夫!

「注文住宅をそろそろ検討しようかな」と思った人は、まず住宅展示場に行くのではないでしょうか。住宅展示場には素敵な家が並んでいるだけでなく、休日になると子ども向けのイベントも開催されます。様々な住宅設備を比較できるのにプラスして親子で楽しむこともできるため、住宅展示場は注文住宅を選ぶにあたっての重要スポットになっているのです。「でもまだ土地を購入していなんだけど」という不安を抱いた人もいるかもしれませんが、住宅展示場で営業するような住宅メーカーは、ほとんどが不動産業者との強いつながりがあります。各メーカーのアンケートに土地を探している旨と希望のエリアを記載しておけば、「土地なし顧客」に分類され有益な土地情報が提供されるようになるのです。

モデルハウスの設備は標準料金に含まれていないかも

ここからは住宅展示場を見学する際の注意点を紹介します。まず住宅展示場のモデルハウスに完備されている内装や設備は、他社との差別化を図るために高価なものが設置されていることが多いです。そのため「このモデルハウスと同じような注文住宅を建てたい!」と希望して見積りを出してもらうと、次々とオプション料金が加えられて広告よりも高くなってしまうことがあります。注文住宅を検討する際は、標準設備とオプション設備との境界線を明確にしながら住宅メーカーを選ぶようにしましょう。また建設を希望する土地が防火エリアに指定されていると、基本的に木造の注文住宅を建てることはできません。地域によって注文住宅に使える建材が変わってくるので、住宅展示場のスタッフにエリアごとの建設ルールを聞いておきましょう。この建設ルールも住宅メーカーを選ぶにあたっての重要なポイントになるのです。

名古屋の注文住宅を建てたい場合、建物価格より土地の価格の方が高くなることもあり得ますので、予算に気を付けながら建てるのがコツです。